任意売却を決断するまでの期限

任意売却を決断するまでの期限

任意売却をすれば住宅を手放すことになります。 また、任意売却の過程は決して平坦なものではありません。
そのため、任意売却をするかどうかを決断するのは時間がかかってしまうものです。
ただ、いつまでも悩んでいることが許されるわけではありません。 黙っていればいつか必ず競売にかけられてしまいますし、任意売却をするにしても準備に時間がかかるわけですから、決断の期限というものがあります。
一般的に言って、期限になるのは競売開始決定通知が届いた時点までと言えます。 競売開始決定通知がすでに届いた人はすぐにでも任意売却業者と連絡をとり、手続きを進めていかないと間に合わない可能性があります。
督促状や催告書しかまだ届いていないという人は任意売却が間にあいますが、それでも早めに動くに越したことはありません。
なお、まだ返済が滞っていなくて催告書や督促状を見たことが無いという人も、返済が滞ることがわかっているのであれば、早めに任意売却業者に相談するのが得策です。


任意売却の流れを理解する

任意売却は、難しい手続きではありませんので相談する前から頭を悩ます必要は一切ありません。
任意売却をするときには、まず専門の仲介業者に相談をしてからどのような過程で不動産を売却するのかを説明してもらうことになります。 債務を弁済できていないからと言って債権者と直接交渉する必要はなく、こうした専門の機関が代わりに交渉をしてくれるようになっているので、債務者が進んで債権者と意見を交わす必要はありません。
また、不動産の任意売却では抵当権の抹消等に関する費用を債権者側に補ってもらわなくてはいけなくなりますので、そのための相談も必要になります。 もちろん、こうした交渉も仲介者が代わりに行なってくれるようになっており、仲介者に希望をすれば現状どの程度の交渉が行なわれているのかを知ることもできるので、次の住居のための準備を粛々と進めることが出来ます。
任意売却というのはあくまでも任意の取り決めであって、任意売却の過程で債権者側が強行的な手段に出るようなことはありませんので安心して交渉が出来るわけです。


【東京都23区】
任意売却 千代田区/ 任意売却 中央区/ 任意売却 港区/ 任意売却  新宿区/ 任意売却  文京区/ 任意売却 台東区/ 任意売却 墨田区/ 任意売却 江東区/ 任意売却 品川区/ 任意売却 目黒区/ 任意売却 大田区/ 任意売却 世田谷区
任意売却 渋谷区/ 任意売却 中野区/ 任意売却 杉並区/ 任意売却 豊島区/ 任意売却 北区/ 任意売却 荒川区/ 任意売却 板橋区/ 任意売却 練馬区/ 任意売却 足立区/ 任意売却 葛飾区/ 任意売却 江戸川区
【東京都下(町村部)】
任意売却 瑞穂町/ 任意売却 日の出町

Calendar