記憶に残る無宗教葬とは

記憶に残る無宗教葬とは

高校生の時の担任だった先生が病気で亡くなりました。まだまだ教職としていたかっただろうにと思うととても悲しいと思いました。多くの生徒が先生に教わり成長をしてきました。

その先生の葬儀は無宗教葬でありました。バイオリン、フルートなどの演奏をバックに葬儀が行なわれました。いつも歌を歌っていた先生なので無宗教葬がぴったりだと感じました。時間があればギター片手に歌を歌っていた先生ですので無宗教葬で思い出が残る曲が流れたときは涙が止まりませんでした。

自分だけでなく教え子達が先生を見送った無宗教葬は会場全体がひとつになって先生を送りました。この先生の無宗教葬は自分にとっても参列した人にとっても一生忘れることはないだろうと思います。

無宗教葬で用いられる楽器の種類

無宗教葬を行う際に、その場での演奏を選んだ時にはどのような楽器を使用していくのか気になるかもしれません。
多くの場合、バイオリンやフルートなどの楽器を使用して無宗教葬を行っていくことになります。

基本的に、無宗教葬を行う時に使用する楽器に制限はないのですが、ただあまりにも大きな音だったり、特徴的な音色の楽器ですと、お葬式の特性上その場の雰囲気を壊してしまうことになります。
バイオリンやフルートなどの場合、音も清らかなため、式の雰囲気を壊すことなく取り行っていくことが可能です。
他にもチェロやピアノなどの楽器を用いて無宗教葬を行っていくこともできますよ。

また、演奏家を呼んで無宗教葬を行う時には、葬儀社がすべて手配してくれますので安心してお任せすることもできます。

Calendar