音楽葬という葬儀がブームにです

音楽葬という葬儀がブームにです

葬儀というものの中にも実はブームになっているものがあります。
葬儀にもトレンドがあるというわけです。そこで葬儀のブームというものですが、現状では音楽葬というものが流行っています。

故人様が生前に好きだった音楽をかけながらの葬儀というものがその音楽葬となります。

生前に、音楽などを実際に行っている方は、そういった葬儀を希望される方も多くなっています。
音楽が満さない葬儀となりますので、中にはかなり明るい雰囲気のものになることも考えられるわけです。葬儀の暗い雰囲気が嫌いといった故人様もいます。

自分の葬儀だけでも何とか明るい雰囲気になてもらえればと願っている方も多いわけです。
もしも自身も音楽葬に興味がありましたら、葬儀社にお願いしておきましょう。
生前から葬儀について相談をすることは可能です。

社葬という葬儀について

葬儀の種類として注目される機会が多いのが、社葬というものです。

社葬というものですが、一般的な葬儀とは違います。会社がとり行う葬儀となるわけです。ただし、誰でもその葬儀を利用できるという事にはなりません。

社葬を行っていただける方は限られます。

例えば、創業者であるとか、歴代の社長であるとかそういった方がなくなった後に一般の葬儀が行われ、さらにしばらくたってから会社の葬儀である社葬が行われるという流れになります。
社葬については、社員が出席するのはもちろんですが、取引先の方なども出席しますので大規模になる事もあります。

ちょっとしたお別れ会的な流れにもなりますので、葬儀としては特殊かもしれません。

会社としての葬儀を執り行う事になりましたら、葬儀社としっかりお話し合いのうえ決定しましょう。

 

Calendar